COLUMNコラム

最適な机の高さを知ろう

リモートワークをする機会が増えて人も多い昨今、仕事環境を整えるために机を買おうか迷っている方も多いのではないでしょうか。長時間仕事や作業をし続けるためには、机の高さを最適な状態にしておくことが大切です。
そこで今回は最適な机の高さについて解説します。ご自身に合った最適な高さの机を見つけて、仕事中や作業中に感じる身体の疲れを軽減させましょう。

最適な机の高さを見極める方法

現在使っている机の高さが合っているのか知るためにも、新しく購入する机をご自身に最適な高さにするためにも、ベストな高さを見極めるために方法を知っておきましょう。

最適な机の高さは以下のポイントで見極められると言われています。
・キーボードを打つときの肘の角度が90度になる
・背筋を伸ばしたときにディスプレイが目線より少し下になる
・自分とディスプレイ距離が40〜50センチ以上ある
・椅子に座ったときに足が無理なく床につく
・机の天板と座面の高さの差が23〜29センチ程度

上記はパソコンを使って仕事や作業をする前提の条件ですが、このポイントを押さえておくと長時間でも疲れづらい机を見つけられます。

身長によっても最適な机の高さは変わりますが、以下の計算で身長に合わせた最適な机の天板の高さがわかるので計算してみましょう。
身長×0.25-1+身長×0.183-1

もちろん机だけが最適な高さでは意味がありませんから、椅子の高さもご自身に合ったものを選ぶことが重要です。最適な椅子の座面の高さは以下の計算でわかります。
身長×0.25-1

また座高に合わせて最適な机の天板と椅子の座面の高さの差を知る計算もあります。
座高(身長×0.55)÷3+2

あくまで目安ですが、ご自身に合った机を見つけるときは身長や座高に合わせて計算して、最適なものを見つけてください。

一般的な机の高さは70センチが多い

最適な机の高さは前章で紹介した通り、身長や座高の高さによって異なります。ただ2021年7月時点では、一般的に市販されている机の高さは70センチのものが多いです。これはJIS規格によって平均的な成人男性にフィットしやすいとして設計された高さです。[注1]

そのため男性よりも一般的に身長が低い女性にはフィットしない高さが多くなっています。椅子の座面を調節することで、キーボードを打つときの肘の角度は調節できますが、そうすると今度は床に足がつかなくなってしまいますよね。

市販の机から自分に最適な机を見つけるポイント

市販品の多くが成人男性にフィットしやすい設計で作られているため、女性や身長が高い男性は自分に合う机がなかなか見つからないかも知れません。市販の机から自分に最適な机を見つけるポイントを知っておきましょう。

高さ調節が可能な机を選ぶ

市販の机のなかには高さが調節可能なタイプの机もあります。高さ調節の方法は机の脚を調節して変えられるタイプと、天板を設置する位置を変えられるものです。脚を調節するタイプの調節方法はさまざまで、組み立て時に最適な高さにする必要があるものもあれば、ハンドルやレバーでいつでも変えられるもの、電動式のものなどもあります。
こういった高さ調節が可能な机なら、ご自身の身長に合わせて机の高さが変えられるのでおすすめです。机の天板と椅子の座面の高さの最適な差を計算して椅子選びをすれば、快適な仕事環境が作れるでしょう。

椅子の高さで調節する

もう一つは椅子の高さで調節する方法です。机の高さが調節可能な市販品もありますが、デザインがそこまで豊富というわけではありません。ご自分が欲しい机が最適な高さより高いなら、最適な座面の高さを計算してその高さに合った椅子を見つけましょう。椅子は高さ調節ができるタイプとできないタイプがありますが、机の高さに合わせて椅子の高さを調節するなら、調節ができるタイプの方が簡単に調節できます。
ただ椅子の高さを変えると足がしっかり床につかなくなりますよね。その場合は市販されているフットレストを購入すれば大丈夫です。デスク用のフットレストはたくさん売られています。実際に椅子に座ったときにどれくらい足が浮いてしまうのかを確かめて、その差を埋められる高さのフットレストを探しましょう。天板が斜めになっているタイプのフットレストは調節しやすいです。

最適な机の高さで疲れ知らずの体を目指そう

机に向かって仕事や作業をする場合、長時間になることが多いのではないでしょうか。長時間座りっぱなしなのに机の高さや椅子の高さが合っていなければ、肩や腰の疲れの原因となってしまいます。気持ちよく仕事や作業をするためには、ご自身に合った最適な高さの机がマストです。今回紹介した内容を参考に、ご自身に最適な机を見つけてみてくださいね。

最終更新
2022.05.27

三原 悟出雲工場 工場長

出雲市湖陵町出身。18歳の時に株式会社キノシタ出雲工場に入社。あらゆる技術を習得し、現在、工場長を務める。近年、出雲市内の企業と共同でIZUCOブランドの家具を立ち上げプロモーション等を開始。平成30年からIZUCOブランド製造を行い、市場の拡大を図る。