COLUMNコラム

アッシュ材とは?特徴や家具に使用するメリット・デメリットを解説

木材の家具といっても樹木の種類によって、色や木目などさまざまで見た目の印象は大きく異なります。

中でも「木の雰囲気」を味わいたい方におすすめなのが、アッシュ材。主に北米地域が原産の木材で、ハッキリとした綺麗な木目が特徴です。

海外の樹木でありながら和室をはじめ和の雰囲気にマッチし、北欧スタイルやナチュラルテイストなインテリアにぴったりです。

アッシュ材とはどのような木材なのか、特徴やメリット・デメリットも含め解説します。木の雰囲気は味わえる家具を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

アッシュ材とは?

アッシュ材は数ある仲間の中でも、北米原産のモクセイ科トネリコ属の広葉樹「ホワイトアッシュ」を指すことが多く、人気の高い木材の1つです。

     日本のタモやヨーロッパのトネリコなどの仲間です。

アッシュ材は家具材として人気の木材で、他にも建築の床材やエレキギターの材料、野球のバットの原料など幅広く活用されてきました。

世界三大銘木     と並んで、世界四大銘木に数えられることもあります。

また木目の美しさから無垢材だけではなく、突板の表面材として家具を飾る木材に使用されるほど人気の木材です。

アッシュ材の特徴

ホワイトアッシュに代表されるアッシュ材の大きな特徴として、耐衝撃性・耐久性を誇る「堅さ」が挙げられます。

適度な堅さと弾力性がある性質から、野球のバット以外にもテニスラケットやスキー板、ボート用のオールなどスポーツ用品の材料に人気です。

色味は白っぽい色をしており、さまざまなインテリアに馴染みやすくなっています。ホワイト以外にもオリーブアッシュやブラウンアッシュ、ブラックアッシュなど異なる色合いも楽しめます。

またハッキリとした木目が綺麗に表れるのも特徴。柾目では穏やかな木目なのに対し、板目では木目が強調された迫力ある表情を見せます。

高い耐久性とハッキリとした綺麗な木目が、アッシュ材ならではの特徴です。

アッシュ材とタモ材の違い

アッシュ材とタモ材は同じモクセイ科トネリコ属のため、品種的にとても近い樹木ですが、大きな違いとして「木目」と「色」が挙げられます。

まず木目はアッシュ材の方が適度に粗く、丸みを帯びた板目になっています。一方タモ材は目が詰まった木目で、板目が尖っているのが特徴です。

次に色はアッシュ材がクリームがかった白色なのに対し、タモ材は赤みがかった茶色になっています。

着色して使用する場合は、色が白いアッシュ材の方が適しています。

アッシュ材を家具に使用するメリット

建築材やバットのようなスポーツ用品まで幅広く使用されるアッシュ材ですが、家具に使用すると大きく3つのメリットがあります。それぞれ解説します。

ハッキリとした木目が美しい

ハッキリとした綺麗な木目のため、家具に使用すると美しい表情を見せてくれます。

木目がハッキリしているため木の存在感が大きく、北欧スタイルやナチュラルテイストのインテリアと相性抜群です。

西洋の木材ですが「木の雰囲気」を味わえるため、和テイストの部屋やインテリアにもマッチしやすくなっています。

木目の美しさは、芯材にスライスした天然木を貼った「突板」に使用されるほど。無垢材に比べアッシュ材の使用量が少ない突板は、安価で木目の美しさを堪能できます。

北欧スタイルやナチュラルテイスト、和テイストの部屋やインテリアにマッチする家具を探している方におすすめの木材です。

頑丈で変形しにくい

スポーツ用品に採用されるほど丈夫なため、家具に使用しても頑丈で変形しにくくなっています。

例えばダイニングテーブルはお皿やコップなど食器を置くため、傷や凹みがつきやすい家具です。しかし丈夫なアッシュ材であれば、耐衝撃性や耐久性に優れているため、綺麗な状態のまま長く使い続けられます。

子供やペットがいるなど、傷がつきやすい環境でも使用しやすくなっています。

経年変化が少なく使い続けても雰囲気が変わりにくい

経年変化が少なく、長年使い続けても雰囲気が変わりにくいのもメリットです。

木材によって色が濃くなったり薄くなったりとさまざまですが、アッシュ材の場合は少し黄色くなる程度で、他の木材に比べ経年変化が少なくなっています。

年月が経っても雰囲気が変わりにくい家具を探しているなら、アッシュ材がおすすめです。

アッシュ材を家具に使用するデメリット

アッシュ材には「ハッキリとした綺麗な木目」「頑丈で変形しにくい」などのメリットがありましたが、反面デメリットもあります。デメリットも押さえた上で、アッシュ材の家具を検討しみてください。

堅く頑丈なため加工が難しい

アッシュ材は頑丈で変形しにくいのがメリットですが、デメリットにもなります。

堅く頑丈なため加工が難しく、細かな模様を彫るような細工を施すのには向いていません。アッシュ材の家具はシンプルなものが多くなっています。

とはいえシンプルなデザインが好きな方や、北欧スタイルのインテリアに合わせたい方にとってはメリットです。

アッシュ材の家具は木目が美しく頑丈なため長年使い続けやすい

アッシュ材は家具や建築、楽器、スポーツ用品とさまざまな分野で使用されており、ハッキリとした美しい木目や耐久性の高さから人気を集めています。

ハッキリとした綺麗な木目が出るため、木の雰囲気が味わいやすい木材で、北欧スタイルの家具やナチュラルテイストの家具など、シンプルなデザインに適した木材です。

「木の雰囲気」を醸す家具を探している方に、アッシュ材はおすすめです。

最終更新
2022.02.28

三原 悟出雲工場 工場長

出雲市湖陵町出身。18歳の時に株式会社キノシタ出雲工場に入社。あらゆる技術を習得し、現在、工場長を務める。近年、出雲市内の企業と共同でIZUCOブランドの家具を立ち上げプロモーション等を開始。平成30年からIZUCOブランド製造を行い、市場の拡大を図る。