COLUMNコラム

業務用テーブルの選び方のポイントと天板や脚の種類・特徴を解説

レストランやカフェ、バーなどを開業する際、来店したお客さんに食事を楽しんでもらうには業務用テーブルが欠かせません 。

飲食店をはじめ店舗の家具は、お店の印象を左右したり居心地の良さを提供したりする重要な要素です。

業務用テーブルは家庭用のものとは違い、不特定多数の人が毎日使っても問題ない耐久性の高さがポイントです。

また天板と脚を自由に組み合わせられるため、店舗にマッチするデザインや業態に合わせた実用的な使いやすさを追求できます。

業務用テーブルの選び方のポイントと、天板や脚の種類・特徴を解説するので、店舗用のテーブルをお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

業務用テーブルの選び方は?押さえるべき5つのポイント

業務用テーブルの選び方として、押さえるべきポイントは5つあります。理想のお店にするため、ポイントを押さえてテーブルを選びましょう。

サイズはレイアウトを踏まえて考える

テーブルのサイズを考える際は、店舗の大きさやレイアウトを踏まえましょう。

テーブルのサイズ、イスのサイズ、通路の幅を考慮して、お客さんや従業員が不自由なく通れる必要があります。

飲食店であれば食器の大きさや量、調味料、メニューなどテーブルに置くものも考慮しましょう。

例えば多くの料理を並べるレストランと、コーヒーブレイクだけのカフェでは、同じ飲食店でも適したテーブルの大きさは違います。

お店のレイアウトやテーブルの用途から、適切なサイズを考えるのが大切です。

デザインは店舗内観に合わせて選ぶ

店舗のインテリアやイメージに合わせて、テーブルを選びましょう。

例えば木の風合いを活かしたテーブルならカフェに、大理石調のテーブルならクラブやバーにぴったりです。

業務用テーブルは集成材や突板など木材を加工したものや、メラミン化粧板のような表面を樹脂で整えたものなど多種多様。特にメラミン化粧板は種類が豊富で、木目調や石目柄など好きな柄が選べます。

傷や汚れにも強いので、業務用におすすめの素材です。

また色や素材だけではなく、四角形か丸形かなど天板の形状もさまざま。脚の種類も豊富にあるので、店舗にマッチするデザインを選びましょう。

コストは予算に応じて選択する

テーブルのサイズや素材などによって、価格は大きく異なります。予算と相談して、問題ない範囲のコストに収めましょう。

多少安くても大丈夫なのか、高くてもこだわりのテーブルを使用したいのか、譲れないポイントを決めて検討してください。

納得のいくテーブルを見つけるためにも、さまざまな商品を比較しましょう。

耐久性の高いテーブルを選ぶ

店舗で使用するテーブルは、家庭で使用するよりも多くの時間・多くの人に使用されるため、耐久性の高さが重要なポイントになります。

また家庭とは違い靴を履いたまま利用されるため、傷のつきにくい素材・構造であるのも大切です。

家具は決して安くはないので、頻繁に買い替えや修理が発生してしまってはコストが高くなってしまいます。

長年使い続けられるような、耐久性の高いテーブルを選びましょう。

高さはイスとのバランスを考える

業務用テーブルは家庭用のテーブルと違い、イスとセットではないケースも。テーブルとイスの高さのバランスを合わせましょう。

テーブルとイスに高低差があると、使いにくくなります。

イスの座面からテーブルの天板まで、25~30cmほどが使いやすいサイズ感。別々で購入する際は、組み合わせて使いやすいかチェックしましょう。

業務用テーブルは天板・脚のデザインが豊富

業務用テーブルは天板や脚のデザインが豊富にあり、自由に組み合わせられます。素材や色はもちろん 形や大きさも多岐にわたるため、使いやすく店舗にマッチするテーブルを購入可能です 。

天板・脚の種類や特徴をそれぞれ解説します。

天板の種類・特徴

天板は木材が使用されるのが一般的。集成材や突板、メラミン化粧板などが代表的です。

集成材:小さな木材を圧着した板材。形状や幅、長さ、厚みを自由に加工できるため広く用いられています。
突板:天然木をスライスし、合板に貼り合わせたもの。無垢材ならではの美しい木目や色を安価で楽しめます。高級感があり天然木の風合いを活かせるものの、傷がつきやすいのがデメリットです。
メラミン化粧板:メラミン樹脂でコーティングした化粧板。色や柄の種類が豊富で、デザイン性が高くなっています。傷や汚れにも強く耐久性に優れます。

特にメラミン化粧板はデザイン性が高く耐久性に優れるので、業務用テーブルの天板にぴったりな素材です。

また木材以外にも人工大理石を使用した天板もあります。アクリル樹脂やポリエステル樹脂でできた大理石の代用品で、本物の大理石と違い割れにくい耐久力のある素材です。

店舗のインテリアや用途に合わせて、最適な素材を選びましょう。

脚の種類・特徴

テーブルの脚も種類が豊富で、形状によって特徴が異なります。

角ベース脚:四角形の天板と相性が良い脚。素材は金属が多くなっています。脚が邪魔になりにくく安定性があるので、飲食店をはじめ幅広く利用されます。
十字脚・X脚:ベースが十字になっており、丸形・正方形の天板と相性が良い脚。床を清掃しやすいため、カフェやレストランで人気です。
丸ベース脚:ベースが丸いタイプで、丸形・正方形の天板と相性が良い脚。比較的動かしやすいため、テーブルの移動が多いお店でも使いやすくなっています。
対立脚:天板の左右端に脚があるタイプで、4〜6人で使う長方形の天板に組み合わせます。四隅に脚がないので座っても邪魔になりにくく、オフィスや公共施設などで幅広く使用されます。

代表的な脚の他にも、さまざまな種類があるので実用性・デザイン性を加味して、適したものを選びましょう。

業務用テーブルは店舗に合うものを選ぼう

業務用テーブルは天板と脚を別々に選べるため、組み合わせしだいで豊富な選択肢があります。

「候補が多過ぎて決められない」方は、押さえるべき5つのポイントを参考に選んでみてください。きっとあなたのお店にぴったりなテーブルが見つかるでしょう。

最終更新
2022.05.27

三原 悟出雲工場 工場長

出雲市湖陵町出身。18歳の時に株式会社キノシタ出雲工場に入社。あらゆる技術を習得し、現在、工場長を務める。近年、出雲市内の企業と共同でIZUCOブランドの家具を立ち上げプロモーション等を開始。平成30年からIZUCOブランド製造を行い、市場の拡大を図る。