COLUMNコラム

自宅にオフィス家具を置いて働きやすいホームオフィスにしよう

コロナ禍の影響もありテレワークやリモートワークなど、自宅で働く機会が増えている方も多いはず。リビングや書斎など、自宅の一部を仕事場にする働き方は定着しつつあります。

とはいえ働く環境が十分に整っていない方も、多いのではないでしょうか。

例えばデスクやチェア。プライベート用 はあっても、快適に仕事ができる仕様ではないかもしれません。

快適に使えなければ、仕事の効率も落ちてしまうもの。自宅にオフィス家具を置いて、働きやすい環境を整えましょう。

自宅にオフィス家具を置くメリットや、オフィス家具選びのポイントを解説します。自宅を快適なホームオフィスにしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

自宅でオフィス家具を使うメリット

自宅でオフィス家具を使うメリットは「働く環境が整う」ことです。

例えばダイニングテーブルをデスク代わりにすると高さが合わず姿勢がつらかったり、チェアの座面が硬く長時間座っていると疲れたりと、自宅にある一般的な家具では快適に仕事できないケースがあります。

特にオフィス家具のチェアは座面の高さを調節できたり、背もたれやひじ掛けが細かく調節できたりと一般的なチェアに比べ高機能です。中には人間工学に基づいたものもあり、1日座っていても疲れにくくなっています。

自宅用のオフィス家具購入費用を補助している企業もあるほどで、自宅で働く場合はオフィス家具を使って快適に働ける環境作りが大切です。

ホームオフィス家具を選ぶポイントは?家具ごとに解説

自宅で働く際に一般的な家具よりオフィス家具の方が快適に働けるとはいえ、どのような家具を選ぶべきかわからない方も多いでしょう。

自宅を快適なホームオフィスにするため、オフィス家具を選ぶポイントを家具別に解説します。

デスクは作業環境や作業内容に合うサイズを選ぶ

自宅の環境や作業内容に合わせて、快適に働けるデスクを選びましょう。

ポイントはデスクの「サイズ(幅・奥行・高さ)」です。

幅が狭いとパソコンやマウス、書類などを置くスペースが限られてしまいます。パソコン画面と近過ぎると眼精疲労を抱えやすくなるため、奥行は600mm以上確保しましょう。

使用するパソコンの種類によって、以下のような幅・奥行がおすすめです。

ノートパソコン:幅100cm奥行60cm以上
デスクトップパソコン:幅120cm奥行70cm以上

またデスクが高過ぎると作業しにくいのはもちろんですが、肩こりの原因になります。

デスクの高さは720mmが「一般社団法人日本オフィス家具協会(JOIFA)」で推奨されているサイズです。

以上を目安に、あなたにぴったりなデスクを探してみてください。

チェアは人間工学に基づいた座りやすいものを選ぶ

人間工学に基づいた「正しい座り方」ができるチェアを選ぶと、長時間座っていても疲れにくくおすすめです。

反対にあなたとマッチしていないチェアを選んでしまうと、腰痛や肩こりにつながり作業効率をダウンさせかねません。

具体的には下記3つの機能が備わっていると、体への負担が抑えられ おすすめです。

ランバーサポート(腰当て)がある
高さ調節できる
アームレストの位置を変えられる
またチェアとデスクの高さは、身長にマッチしていなければ正しい座り方ができず体に負担がかかります。

座面奥まで座った際に「足裏全体」が床に接する高さが、身長にマッチした高さです。加えてチェアの座面からデスクの天板までの距離は、約30cmになる組み合わせが適切です。

あると便利!快適性を高めるオフィス家具

自宅で仕事をするのであれば、デスクとチェアは欠かせません。しかし他にもあると便利な オフィス家具がいくつかあります。

ホームオフィスの快適性を高めてくれるオフィス家具を紹介します。

照明でデスク周りを明るくすれば作業しやすくなる

手元が暗いと作業しにくいので、必要な場合は照明も揃えましょう。

デスクライトは「スタンド式」と「クランプ式」の大きく2種類。デスクのタイプに合わせて、マッチする方式を選びましょう。

スタンド式:一般的な卓上タイプ。移動させやすいため、作業スペースが変わっても使用できる
クランプ式:デスクに固定するタイプ。デスク上のスペースが確保しやすくなる
照明はアームの可動域が広く、光の角度や向きを自由に変更できると使いやすいでしょう。

ちなみにデスクワークは「昼白色」や「昼光色」だと集中しやすくおすすめです。

収納用チェストがあれば書類が多くても収納しやすい

書類や資料が多い場合は、収納用チェストを購入するのもおすすめです。

収納したいものが多いならハイチェスト、収納兼プリンタなどを置くスペースにするならローチェストがおすすめ。 使用目的に合わせましょう。

収納用チェストは収納だけではなく、物を置くスペースや部屋の間仕切りにもなる便利なアイテムです。

パーテーションでオンライン会議でも部屋の整理いらず

パーテーションがあれば、背景を気にせずオンライン会議に集中できます。

自宅で作業していると、オンラインでの会議や打ち合わせの際に部屋が映り込むのが気になる方もいらっしゃるでしょう。

パーテーションがあれば部屋が散らかっていても、リビングで仕事をしていても、簡単に視線を遮ることができプライベートを守れます。

自宅を見られるのが恥ずかしい・気になる方におすすめです。

自宅でオフィス家具を使えば快適に仕事ができる

自宅で仕事をする場合は一般的なデスクやチェアでは集中しにくく、場合によっては腰痛や肩こりの原因になってしまうかもしれません。

オフィス家具であれば、パソコン作業を行いやすくなっていたり長時間座っていても疲れにくくなっていたりするので、自宅でもオフィスと変わらず快適に仕事ができます。

「作業に集中できない」「疲れて効率よく働けない」とお悩みの方は、自宅にオフィス家具を導入してみましょう。

最終更新
2022.05.27

三原 悟出雲工場 工場長

出雲市湖陵町出身。18歳の時に株式会社キノシタ出雲工場に入社。あらゆる技術を習得し、現在、工場長を務める。近年、出雲市内の企業と共同でIZUCOブランドの家具を立ち上げプロモーション等を開始。平成30年からIZUCOブランド製造を行い、市場の拡大を図る。