COLUMNコラム

ガーデンテーブルは雨ざらしだと後悔する?素材別特徴とお手入れ方法を解説

自宅の庭や屋上などに設置して、食事やティータイムを楽しむために使われるガーデンテーブル。使うたびに出し入れするのは大変かつ面倒なため、出しっぱなしにしておきたいですよね。
しかし出しっぱなしだと雨ざらしになってしまうため、劣化しないか心配される方も多いでしょう。本記事では、お気に入りのテーブルが劣化してしまい「こまめに手入れしておけば良かった」と後悔しないために、素材別の特徴とお手入れ方法を解説します。
自宅の庭や屋上にガーデンテーブルの設置を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ガーデンテーブルを出しっぱなし・雨ざらしで放置は禁物

ガーデンテーブルは屋外での使用が想定されているため雨風に強く、基本的に出しっぱなしでも問題ありません。しかし屋外では雨や風、日光などにさらされ続けるため、いくら雨風に強くても劣化してしまうものです。出しっぱなしのまま手入れをせず放置していると、より劣化を早めてしまいます。
お気に入りのガーデンテーブルを長く使い続けるには、どのような素材であっても適切なメンテナンスが必要不可欠です。

ガーデンテーブルの素材別の特徴とお手入れ方法

ガーデンテーブルにはさまざまな素材のものがあり、それぞれ特徴が異なります。もちろん素材によって適切なお手入れ方法も異なります。
ガーデンテーブルの代表的な素材の特徴と、お手入れ方法を紹介するので参考にしてみてください。

ポリプロピレン

ポリプロピレンはガーデンテーブルの定番素材の一つで、軽量かつ防水、耐薬品性に優れています。
錆びないため水辺や海辺で使いやすく、特に海に面した地域にお住いの方にぴったりです。
軽量なため持ち運びしやすいので、BBQなど複数人で食事する場合でもレイアウトを変更しやすくなっています。庭掃除の際に、位置を変えやすいのもポイントです。
また他の材質に比べ安価なため、購入しやすくなっています。
ただし屋外に出しっぱなしにしていると直射日光や雨により劣化が早まるので、こまめに片付けたりパラソルを使ったりすると、長く使いやすくなります。

お手入れ方法

濡らしたタオルでの拭き取りがおすすめです。汚れが落ちにくい場合は、ぬるま湯と少量の中性洗剤を含ませた柔らかい布で拭くのが効果的。水拭き後は、すぐに乾拭きしましょう。

チーク材

チーク材は木材の中でも油分を豊富に含み、丈夫で防腐効果が高いのが特徴。水にも強いため、ガーデンテーブルにぴったりな高級素材です。
庭や屋上の自然とマッチしやすく、天然素材ならではの温もりを楽しめます。ポリプロピレン同様に錆びないため、海に面した地域でも使用できます。
しかしチーク材に限らず木材は日光の影響で経年変化するため、徐々に色が変化していくでしょう。経年変化により味わい深くなっていきますが、購入時のままの姿が良い場合は不向きです。

お手入れ方法

色の濃い飲料などをこぼすと、シミになりやすいため濡れタオルですぐに拭き取りましょう。その他の汚れは、水を含ませたブラシで取り除くのがおすすめです。
また年月が経つと表面がザラついてくることがありますが、その場合はヤスリをかけると滑らかになります。

ポリエチレン樹脂

ポリエチレン樹脂は耐候性や耐久性に優れており、雨ざらしでも劣化する心配がありません。
難燃性のため、BBQなど火を使う場合でも燃えにくくなっています。庭や屋上などで、調理する場合に重宝します。
またデザイン性に富むのも特徴。例えば編み込んでラタン調のテーブルにすることも可能で、庭や屋上を南国風に演出してくれます。

お手入れ方法

タオルでの水拭きがおすすめです。汚れが気になる場合は、薄めた中性洗剤をつけて拭き取りましょう。濡れたまま日陰に放置すると、カビが発生しやすくなるので拭き取ってから保管するのがおすすめです。

アルミ

アルミはステンレス以上に錆びにくい素材で、身の回りでは窓のサッシや車のホイールなど濡れやすい部分に使用されています。
たとえ錆びが発生しても白い膜となって、錆びが進行するのを防いでくれます。雨ざらしになりやすいガーデンテーブルにぴったりな素材で、海に面した地域での使用にも適した素材です。
また軽いため設置・撤去しやすく、金属製テーブルの中でも持ち運びしやすくなっています。出しっぱなしにしておくのはもちろん、来客時などの予備テーブルとしても使えます。

お手入れ方法

中性洗剤を使って汚れを落としたら、水で完全に洗い流しましょう。

スチール

衝撃に強く耐荷重性が高いため、擦れたり大きな荷重がかかったりする際には、アルミよりスチールがおすすめです。
例えば雪が積もる地域であれば、頑丈なスチール製なら冬の間出しっぱなしにしていても、壊れにくくなっています。
「スチールは錆びやすいのでは?」と思われるかもしれませんが、塗装によって表面に膜を張ることで錆びを防ぐことが可能です。例えば粉体塗装を施せば傷がつきにくくなり、耐熱性・耐油性もアップします。ガルバナイズ処理を施せば、金属の酸化を防いでくれるため錆びに強くなります。

お手入れ方法

日常的に、乾拭きするのがおすすめです。汚れている場合は、薄めた中性洗剤で拭き取りましょう。濡れたままにせず、必ず乾拭きしましょう。
アルコールを使うと錆びや変色の恐れがあるため、注意してください。

ガーデンテーブルは適切なお手入れで長く使える

ガーデンテーブルは屋外での使用が前提のため、基本的には出しっぱなしでも問題ありません。しかし雨ざらしで放置すると、どうしても雨や太陽光などによって、劣化が進んでしまいます。
せっかくのお気に入りのガーデンテーブルが、劣化してしまうのは残念ですよね。少しでも長く愛用したいのであれば、ガーデンテーブルの素材ごとに適したお手入れをしましょう。

最終更新
2022.06.03

三原 悟出雲工場 工場長

出雲市湖陵町出身。18歳の時に株式会社キノシタ出雲工場に入社。あらゆる技術を習得し、現在、工場長を務める。近年、出雲市内の企業と共同でIZUCOブランドの家具を立ち上げプロモーション等を開始。平成30年からIZUCOブランド製造を行い、市場の拡大を図る。