COLUMNコラム

メラミン化粧板を天板に使用するメリット・デメリットを解説

家具の目立つ部分には「化粧板」によって、装飾が施されています。化粧板は人目につく箇所を美しく整えるのはもちろん、耐水性や耐摩耗性など強度を高めるためにも使われます。
化粧板の中でも安価で、広く使われているのが「メラミン化粧板」。テーブルの天板をはじめ、さまざまな家具に用いられています。
とはいえ「メラミン化粧板って何?」と詳しく知らない方が多いでしょう。
メラミン化粧板を天板に使用するメリット・デメリットを解説するので、テーブル選びで悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

メラミン化粧板とは?

メラミン化粧板とは「紙と樹脂」でできたプラスチック板のこと。家具表面を装飾・強化するために使われます。
メラミン樹脂とフェノール樹脂を含ませた紙を何層も重ね、高温・高圧でプレスして作られます。
2層目の紙に色や柄を印刷することで、木目や色を付けることが可能です。
ただし中には木質繊維板(パーティクルボードやMDF)を基材に、低圧で熱圧成型したものもあります。
キッチンやテーブルの天板など、さまざまな家具に使用されています。

メラミン化粧板を天板に使用するメリット

メラミン化粧板を使用する大きなメリットは、硬いため傷が付きにくく熱や水にも強い「頑丈さ」です。
汚れが付きにくく、汚れてもさっと拭き取れるため手入れも簡単。長く使用し続けることが可能です。
また多彩な色や木目調などバリエーション豊かにもかかわらず、塗装ではないため剥がれにくくなっています。
抗ウイルス、指紋レスといった機能性の高いタイプもあります。
天然の木材や大理石などに比べ、薄く軽量なため使える用途が広いのも特徴です。
こうした機能性の高さに加え、大量生産により安価なため、メラミン化粧板は多くの天板に使われています。
天然木を用いた無垢材や突板は高価になりがちですが、メラミン化粧板なら安価で天然木のような質感を楽しめます。

メラミン化粧板を天板に使用するデメリット

メラミン化粧板のデメリットとしては、人工物であるため「自然な素材感」では劣る点です。
メラミン化粧板は紙と樹脂でできているため、無垢材や突板に比べると、木の素材感が劣ってしまいます。
しかし最近では印刷技術の向上によって、パッと見ただけでは本物の木と見分けがつかないレベルになってきています。
また石油系プラスチック製品と比べ、環境負荷が少ない製品です。
限りなく本物に近く、耐久力があり安価なため、コストパフォーマンスに優れた素材です。

メラミン化粧板は主に3種類

メラミン化粧板は主に3種類。それぞれ以下のように見た目・特徴が異なります。
● 木目調:限りなく本物の木材に近い見た目で、さまざまな樹種を模した柄があります。マットな質感のものや、鏡面仕上げのものなど、表面加工も多種多様です。
● 無地:オフィスデスクの天板によく用いられ、表面はマットなものもあれば、光沢あるものもあります。傷が目立ちにくいように、微細なエンボス加工が施されたものであれば、長く奇麗な状態を保ちやすくなっています。
● その他:ラメ入り、レザー風、大理石調など、さまざまな柄が存在します。
ひと口にメラミン化粧板といっても、上記のように種類は多岐にわたるため、部屋の雰囲気やインテリアに合わせやすくなっています。

機能性メラミン化粧板の種類

メラミン化粧板の中には、さまざまな機能性を付与した高機能なものもあります。
代表的なものとして、以下のような種類が挙げられます。
● 指紋レス:触っても指紋跡が目立ちにくくなっているタイプ。多くの人が使ったり、日常的に使ったりする家具でも、指紋が気になりにくくなっています。指紋が目立ちやすい天板にぴったりの機能です。
● スクラッチレス:硬い素材で擦られても、擦り傷が付きにくいタイプ。スチールウールのような硬い素材で擦っても傷つきにくいため、ペットや子どもが居る家庭に適した機能です。
● 撥油:油を弾きやすいタイプ。通常のメラミン化粧板よりも、油を拭き取りやすくなっています。ダイニングテーブルや飲食店のテーブルの天板に適しています。
● 抗ウィルス:特定のウイルスを減少させられるタイプ。時間とともに化粧板上のウイルスが減少していくので、不特定多数の人々が集まる場所でも衛生的に保てます。
さまざまな機能性を備えたメラミン化粧板が存在するので、使用するシーンや用途にマッチするものが使用された家具を選べば、より快適に過ごせます。
見た目やデザインだけでなく、機能性にも着目してみてください。

メラミン化粧板以外の化粧板の種類

化粧板とは家具の見た目を良くしたり、表面の性能を高めたりするために使われる板材の総称です。
メラミン化粧板以外にも多くの種類があり、それぞれ見た目や機能性が異なります。代表的なものとして、以下のような種類があります。
● 突き板:合板や繊維板に、スライスした天然木を貼り合わせたもの。天然木の使用が最小限のため、本来高価な天然木ならではの美しい木目・味わいを手頃な価格で楽しめます。
● ポリエステル化粧合板:化粧紙を貼った合板に、ポリエステル樹脂を塗布したもの。耐久性・耐水性・耐熱性はメラミン化粧板に劣りますが、より安価なため家具の内側など傷が目立ちにくい場所に使われます。
● プリント化粧板:木目などを印刷した紙を、合板や木質繊維板に貼ったもの。安価で同一の木目や色を作れるため、家具同士の色を合わせやすくなっています。
多くの化粧板があり、それぞれ適材適所で活用されています。

メラミン化粧板を天板に使うと頑丈なテーブルになる

メラミン化粧板の特徴は何といっても頑丈さ。硬く傷が付きにくく、熱や水に強いため劣化しにくい素材です。汚れにも強いので、手入れしやすいのも嬉しいポイントです。
また機能性を付加したものもあるので、使用目的や使用シーンに合わせて、適した機能のメラミン化粧板の天板を選んでみてください。

最終更新
2022.04.01

三原 悟出雲工場 工場長

出雲市湖陵町出身。18歳の時に株式会社キノシタ出雲工場に入社。あらゆる技術を習得し、現在、工場長を務める。近年、出雲市内の企業と共同でIZUCOブランドの家具を立ち上げプロモーション等を開始。平成30年からIZUCOブランド製造を行い、市場の拡大を図る。