COLUMNコラム

ホテルの家具の選び方は?大切なポイントと失敗しない注意点を解説

ホテルはただ宿泊するだけの場所ではなく、普段の生活では味わえない非日常感やリラックスできる癒しの時間を味わえる場所でもあります。
旅行などで訪れたホテルのインテリアが素敵で、気分が盛り上がった経験がある方は多いでしょう。
インテリアは空間全体のイメージを決めるため、ホテルの雰囲気やブランドイメージを形成するのに大きな役割を果たします。
理想的な空間作りには欠かせない家具ですが、いざ選ぶとなると「どのような家具を導入すべきか」わからず悩まれるはず。ホテルの家具の選び方について、大切なポイントや注意点を解説します。
ホテルに設置する家具選びで悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ホテルに置く家具の選び方は?3つのポイント

ホテルに置く家具の選び方のポイントは大きく3つ。ポイントを押さえて、素敵な空間を作り出しましょう。

客室のイメージを決める

どのようなスタイルの客室にするのか、イメージを決めましょう。
ホテルによって、ブランドイメージやコンセプトなどは異なります。ホテルのテイストに合う理想的な客室を、できるだけ具体的にイメージしましょう。
いずれにしても大切なのは非日常感です。家具はもちろん壁飾りや観葉植物、照明、雑貨類などから、ホテルならではの非日常感を演出しましょう。
またラウンジチェアやナイトテーブル、レターデスクのような、家庭ではあまり使われない家具を配置するのも非日常感につながります。

宿泊客の快適性を追求する

宿泊客が気持ちよく過ごせるように、快適性を追求しましょう。
ホテルのイメージや雰囲気を演出するためデザイン性は重要ですが、なにより大事なのは宿泊客が快適に過ごせるかどうかです。
快適に眠れるベッドやゆったり過ごせる椅子など、デザイン性と快適性を両立できる家具を選ぶようにしてください。
とはいえ快適性は家具の機能だけで、決まるものではありません。家具やインテリアの配色も重要なポイントです。
配色を考えるには、以下3つがポイントです。
● ベースカラー:壁や床、天井などベースとなる部分の色。合わせやすく飽きにくい白やベージュ、グレーなどが一般的
● メインカラー:インテリアの印象を決める色。テーブルのような大きな家具やベッドカバーに使われる色
● アクセントカラー:挿し色。クッションカバーや雑貨類などに使われる色で、鮮やかな色や柄物が使われる
色は空間全体のイメージを左右し、色の調和が取れている空間は居心地が良くなります。
他にも動線の設計も大切。宿泊客が快適に過ごせるように、動きやすい動線を考えて家具を配置しましょう。

清潔感を出す

清潔感ある空間にしましょう。
ホテルは清潔であることが大前提で、奇麗に清掃されているのは当然ですが、家具やインテリアに清潔感があることも大切です。
例えば毛羽立ちにくい素材のソファや、爽やかな色合いのベッドなどを採用すれば、清潔感ある空間にできます。
また必要のない物は、できるだけ収納するとスッキリとした空間になります。ちなみにタオルなどのリネン類は色のトーンや素材、サイズを統一しておくと、清潔感アップに効果的です。
インテリアの素材や色、形にこだわって、清潔感ある空間にしましょう。

ホテルの家具選びで失敗しないための注意点

ホテルの家具選びのポイントがわかったところで、家具選びに失敗しないための注意点も押さえておきましょう。

ブランドイメージに合わせて統一する

ホテルのブランドイメージに合わせて、統一したインテリアにしましょう。
デザイン性が高く素晴らしい家具を揃えても、インテリアがホテルのブランドイメージにマッチしていないとちぐはぐな印象になってしまいます。
例えばリゾートホテルの客室に、ブラックで統一されたシックなインテリアは似合わないでしょう。
ラグジュアリーホテルであれば、快適にくつろげる贅沢かつ豪華な家具がぴったりです。リゾートホテルであれば、自然と調和した落ち着いたリラックス感が大切なので、木材やラタンなど自然素材を使用した家具がマッチします。
ホテルのイメージとマッチしていないインテリアは、宿泊客の期待を裏切ることにもなりかねません。ホテルのブランドイメージにマッチする家具や、インテリアか考えてコーディネートすることが大切です。
家具の色やテイストをホテルのイメージとマッチさせることで、より居心地の良い空間を作り出せます。

ライバルホテルとの差別化を図る

ライバルホテルと差別化を図るのも、大切なポイントです。
家具やインテリアが他社のホテルと似通っていると、自社ホテルならではの空間にできません。特に近隣のホテルや同じエリアのホテルと被ってしまうと、ライバルと差をつけにくくなります。
ホテルの中にはデザイナーズホテルのような「他にはない空間」を提供している場合もあり、SNS映えすることから人気を集めています。
インテリアは集客に重要な要素であるため、家具のデザインや色、素材などにこだわって、自社ホテルならではの空間を作り上げましょう。

ホテルの家具選びはKINOSHITAにお任せ

ホテルの家具は非日常的かつ快適で、清潔感あるものを選ぶのがポイント。色、素材、形などにこだわって、ブランドイメージにマッチするような家具をチョイスしましょう。
ホテルでのリッチな体験や非日常感、リラックス感などは、他では味わえない体験。ホテルのインテリアに憧れて、自宅をホテルライクなコーディネートにする人もいるほどです。
訪れた宿泊客に「このホテルみたいな家に住みたい」と思われるような空間にできれば、多くの宿泊客に喜んでもらえるでしょう。
KINOSHITAは、ホテルのエントランスなどさまざまな施設への家具納入実績が豊富。オリジナルブランド家具の製造だけではなく、特注での家具製造も承っているので、理想の空間作りをサポートできます。まずはお気軽にご相談ください。

最終更新
2022.04.01

三原 悟出雲工場 工場長

出雲市湖陵町出身。18歳の時に株式会社キノシタ出雲工場に入社。あらゆる技術を習得し、現在、工場長を務める。近年、出雲市内の企業と共同でIZUCOブランドの家具を立ち上げプロモーション等を開始。平成30年からIZUCOブランド製造を行い、市場の拡大を図る。