COLUMNコラム

椅子の種類は?種類ごとの名前・特徴を一覧で解説

仕事や勉強、食事、リラックスタイムなど、日常の中のさまざまな場面で使用されている椅子。ひと口に「椅子」といっても、厳密には多くの種類があります。
椅子の種類ごとに形状や機能性に違いがあり、異なった特徴があるため、利用する用途や場所・シーンによって、最適な椅子は異なるでしょう。
人の行動にマッチした椅子を選ぶと、快適な空間にできます。
椅子の種類ごとの名前や特徴を一覧で解説するので、自宅やオフィス、お店などに置く椅子を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

仕事や勉強に適した椅子

仕事や勉強の際に、椅子を使われる方は多いはず。数ある椅子の中でも、仕事や勉強に特化した椅子を使用すれば、体への負担をできるだけ少なくして快適に作業できます。

オフィスチェア・ワークチェア

仕事や勉強など作業に適した椅子で、長時間座っていても体に負担がかからないよう工夫されています。
例えば首を支えるヘッドレストや、腕の重さを軽減するアームレストなど、体への負荷を軽減して肩こりや腰痛を防いでくれます。
他にも長時間座っていても蒸れにくいように、メッシュ素材が使われているものなど、快適に過ごせるよう設計されているのが特徴です。
人間工学に基づいて作られたものであれば、より仕事や勉強に集中できるでしょう。

ゲーミングチェア

ゲームプレイ用に開発された椅子で、e-Sportsに参戦するプロゲーマーをはじめゲーマーに愛用されています。
長時間座っていても疲れにくいように、ヘッドレストやアームレスト、オットマン、クッションなどが付いている場合が多く、ゲームプレイのみならずテレワークでも活躍します。
中にはリクライニング機能が備わっているものもあり、デスクワークの休憩にもぴったりです。

食事・飲食店に適した椅子

次にダイニングでの食事や、飲食店での使用に適した椅子をご紹介します。座り心地はもちろん、色や形などインテリアにマッチするかも大切なポイントです。

ダイニングチェア

その名のとおりダイニングで使用される椅子で、食事の際に使用されます。
木製が一般的ですが、座面にファブリックやレザーを使用してアクセントにしたものや、座面・背もたれ・脚に至るまでファブリックが使用されたものなど、幅広いデザインがあります。
中には床が傷つかないよう脚の先端にカバーが付いていたり、滑りにくい素材が使用されていたりするものも。自宅はもちろん、飲食店での使用にもぴったりです。
また長時間使ったり、食事以外にも使用したりするのであれば、疲れにくいアームレスト付きがおすすめです。

スツール

背もたれがない、簡易的な椅子です。
立ったり座ったりしやすいため、店舗の入口のような人通りが多い場所に適しています。
脚の長さや形状はさまざま。例えば家庭用であれば座面下が収納スペースになっているボックススツールが、省スペースで使いやすくなっています。
他にも脚の長いハイスツールと呼ばれるものであれば、バーやレストランなどのカウンターに適した形状です。
さまざまなタイプがあるので、使用目的やインテリアに合わせて選びやすい椅子です。

リラックスタイムに適した椅子

今度は椅子の中でも、くつろぎ特化のリラックスタイムに適した椅子を紹介します。いずれも座り心地が良いものばかりですが、形や大きさなどが異なるため、利用シーンに応じて最適な椅子を選びましょう。

イージーチェア

楽な姿勢で休むための椅子で、安楽椅子やリラックスチェアなどとも呼ばれます。
座面が大きくひじ掛け付きなのが特徴で、中にはリクライニングできるものも。ゆったりとした時間を過ごすのに適しており、リビングやサンデッキなどで使用されるのが一般的です。
木やラタンなどの自然素材製や、クッション性の高い素材で作られているものなど、機能やデザインは多岐にわたります。自分好みの椅子がきっと見つかるでしょう。

ロッキングチェア

椅子の脚の先端部分が緩やかにカーブしており、腰掛けると揺れるようになっている椅子です。
背もたれが高く体を預けられるので、リラックスしやすいのが特徴です。心地良い揺れのおかげで、ゆったり過ごせます。
また木製以外にも、プラスチック製や金属製など素材が豊富なため、インテリアに馴染みやすくなっています。

ソファ

背もたれが付いた長椅子。羽毛やウールなどが詰められているため座り心地が良く、くつろぎやすくなっています。
表面はファブリックやレザーが一般的です。中には背もたれが倒れて簡易ベッドになるものや、脚を伸ばしやすくなっているものもあります。

その他

最後に自宅はもちろんカフェやレストランでも活用できる、他とは少し違う椅子を紹介します。

ベンチ

座面が横長の椅子で、複数人で座れるのが特徴です。
野外や公共施設でよく目にするタイプですが、室内でも使い勝手が良い椅子です。例えばダイニングテーブルとセットで使うと、席を詰めれば複数人で座れるため、急な来客があっても問題ありません。
テーブル下に収納できるものであれば、省スペースにもなります。

ハイチェア

ベビーチェアの一種。子供がダイニングテーブルで、食事するために使われます。
座面の高さを調節できるものであれば、子供の成長に合わせて使用し続けられます。
デザインは多岐にわたるので、インテリアにマッチするおしゃれなものも。子供と目線を合わせて食事を楽しめる椅子です。

目的やインテリアにマッチした椅子を選ぼう

ひと口に椅子といっても形や機能はさまざまで、それぞれ特徴が異なります。
例えば家族での食事を楽しみたいのであればダイニングチェアが、休日のリラックスタイムにはロッキングチェアが、オフィスや自宅での仕事・勉強にはワークチェアがおすすめです。
このように椅子を使用する目的に応じて、適切な椅子を選ぶのがおすすめです。
またインテリアにマッチするかどうかも重要。既存の家具や部屋の雰囲気にテイストを合わせて、素敵な空間を作りましょう。

最終更新
2022.05.27

三原 悟出雲工場 工場長

出雲市湖陵町出身。18歳の時に株式会社キノシタ出雲工場に入社。あらゆる技術を習得し、現在、工場長を務める。近年、出雲市内の企業と共同でIZUCOブランドの家具を立ち上げプロモーション等を開始。平成30年からIZUCOブランド製造を行い、市場の拡大を図る。